保険見直しをすべき時

日々の暮らしの中で保険を見直すべき大事な時期として、生活の切り替わりのタイミングとして望ましいです。例えば、就職をした際には経済的に独立するのを機に、自分の収入で保険に加入するべきですし、怪我や病気で働けない時のためにその時に困らないような保障内容を受けられるものに加入することが必要です。そのあと、結婚したり子供ができたりすれば自分だけでなく家族や子供の生活が保障できるように保険を組むべきであり、この保障内容は性別や世帯主かどうかによっても異なります。

起業や独立をしたときにも厚生年金から国民年金に変わることで公的年金が少なくなるので、傷病手当や有給の代わりとなるように保険が手厚くなるよう見直すべきです。
逆に、子供が自立したり持家を購入した場合には保障を必要とすべき人の数も変わりますし持家のローンは団体信用生命保険に加入することでローンを組んだ人が死亡した際にはローンが死亡保険金で支払われる契約がされている仕組みになっています。そのため、世帯主の死亡後の生活保障として住居費は不要となることを考えて保険を組むこととなります。

このように、生活環境が新しく変わるタイミングというのは収入や養うべき家族の変化に伴って生活に必要なお金が変わることとなり、それにより受け取りたい保険金が変わるのでその都度保険の見直しは必要なのです。

 

保険見直しのタイミング

保険を見直すべきタイミングとして、生活が変化した時だけでは不十分です。昨今の保険会社の増加、競争激化によって保険会社は様々な保険を打ち出すようになっています。そのため、自分が保険に加入した時にはなかったようなサービスが含まれた保険が販売されるようになっていることもあります。そこで、生活の変化があった時に限らず定期的に保険の見直しをする方がより良い保険を選べるようになります。

そこで、オススメなのが保険の更新時期に保険の見直しをすることです。保険の更新の時期には、更新時期のお知らせの案内ハガキがきます。その時に見直すと、保険料のロスも少なくて済みます。更新せず、契約終了日までの契約にしておくことで保険の重複も防げますし、解約金も発生せずに済みますし、他の保険会社に変える場合には返戻金も変わってきます。

そこで、更新ハガキが来たら、保険の見直しをすることを習慣づけるのがオススメなのです。このタイミングでの見直しをすれば、更新期限があることで普段はいつか考えよう、そのうち決めようとダラダラとしてしまうものも締め切りまでにきちんと決めようと積極的に行動することもできます。ですから、保険の更新ハガキが来たら、他社も含めて保険会社の検討をするようにしましょう。

保険見直しをする

最近はテレビでよく保険の見直しをしようということが言われているため、誰もが一度は保険の見直しをしようと思ったことがあるものです。保険を見直すことで、月々の保険料を安くするだけでなくより家庭やその人にあった保障が受けられるようになり、節約と困った時のサポートとに効果を発揮するようになるため、見直しをすることはとても重要なことです。

いざ、保険見直しをすると一言で言っても、いつどのように見直せば良いのかということがわからない人も多いものです。適切な時に保険を解約して適切な内容のものへ切り替えないと、見直して節約をしたり適切な保障内容へと変えたはずなのに損をしてしまう可能性も出てきます。そこで安易にすぐにお得そうな保険に切り替えるのではなく、きちんと様々な保険を比較検討することと保険を他社のものに変える場合にはその切り替え時期についても考えることが必要です。

しかし、私たちの生活というのは多忙なもので保険見直しをしようしようと思っていてもなかなかきちんと見直しをするために時間を割くことができないことも多いものです。気にはなっているものの日々の忙しさで後回しにされがちという人も多く、結局保険を組み直すことなく日々が過ぎてしまうこともよくあります。そこで、ここでは上手に日常生活に保険見直しのスケジュールを組むためにオススメの時期と上手な見直し方法について紹介をしていきます。これから保険見直しをしたい、と考えている人は是非参考にして、ベストな保険への切り替え、上手な見直し習慣を身につけましょう。